家族に水虫持ちがいる場合は要注意

「家族に水虫がいると感染する」と言われています。それほど家族への感染は簡単に起こってしまう病気なのです。
水虫の原因菌は白癬菌というカビの一種です。水虫への感染は足が不潔だったというような明確な理由はなく、白癬菌がいるところにたまたま足があった、というだけの事なのです。水虫に感染している人が素足で歩いたところを同じように素足で歩いたり、同じスリッパを使う、同じ足ふきマットを使う、というような、感染者が触れたところに触れてしまった、というような何気ないことで感染してしまいます。そのため、同じ家の中で生活している家族の場合、素足で利用するところが多いために感染しやすくなってしまいます。しかし、足についた白癬菌は24時間経過すると角質層に根を張り感染してしまうと言われているため、足に白癬菌がついても24時間以内に綺麗に洗い流すことができれば感染する確率は低くなります。そのため、毎日お風呂に入って綺麗に足を洗うことを習慣づけるようにすると良いでしょう。また、家族に感染者がいる場合、洗濯物をどうすれば良いのか悩んでしまいます。特に水虫に感染している足に一番触れている靴下は別に洗った方が良いのかも、と思われるかもしれませんが、他の人の衣類と一緒に選択しても、白癬菌の感染が広がる可能性はほとんどありません。衣類は足の裏の角質に比べて柔らかいため、洗濯機の流水で衣類についた菌も洗い流せてしまいます。洗濯の際には、日光にしっかりと当てて乾燥させることが重要です。白癬菌は乾燥や紫外線に弱いため、洗濯が終わった後に衣類に菌が付着していたとしても、その後に日光に当てて乾燥させることを行えば白癬菌はほとんど死滅していると考えても良いでしょう。
▼水虫だけじゃない?抜け毛やかゆみなどにも効果のある薬とは
ケトコナゾール
ニゾラール

ページトップへ