フシジンレオじゃ治らない?水虫は特効薬で治療しよう

足の裏や指の間に痒みがあると「もしかしたら水虫?」と、心配になる方も多いでしょう。
それだけ足は水虫になりやすい箇所です。

そもそも、水虫とは白癬菌というカビの1種で引き起こされる、皮膚感染症の1つです。
白癬菌は皮膚の角質層部分に感染し、皮膚に含まれるケラチンというタンパク質をエサとして増殖します。

痒みの他に皮膚がむける、ジュクジュクとただれる、小さな水疱ができるといった症状が現れます。
白癬菌に感染した直後は無症状です。
痒みが出ている場合、角質層の奥深くにまで白癬菌が感染している為、民間療法などでは治りません。

痒みや皮膚のトラブルを感じたら水虫を疑い、皮膚科を受診しましょう。
皮膚科では様々な皮膚の治療に外用薬が用いられます。
水虫の治療も多くが外用薬によるものです。

フシジンレオ外用薬も皮膚科では、ポピュラーに処方される外用薬として知られています。
このフシジンレオ外用薬で、白癬菌を除菌する事はできるのでしょうか?
フシジンレオ外用薬は細菌性の皮膚病の治療に有効です。

ニキビや怪我や火傷を起こした部分が、細菌によって2次感染しないようフシジンレオ外用薬を処方されるケースが多いようです。
水虫は細菌では無く真菌が原因の皮膚病ですので、残念ながらフシジンレオ外用薬で完治できません。

水虫には特効薬があるので、そちらでの治療がおすすめです。
特効薬とは抗真菌薬の事で、今現在処方されているものは1日1回、外用薬を塗布するだけで白癬菌に効きます。
しかも、肌への負担も少ない処方で作られているので、使いやすい外用薬です。
特効薬だからといって治療後すぐに治るという事はありませんが、毎日しっかり外用薬を塗り続ける事によって、白癬菌を死滅できます。

ページトップへ