外回りの多い営業マンは水虫が悪化しやすい?

水虫は皮膚に炎症を起こす菌で、わたしたちの暮らしの中でもとても身近な皮膚炎のひとつです。

どんな人にも症状が現れる可能性がありますが、中でも長い時間靴を履いて過ごす職業の人がかかりやすいという傾向があるようです。

健康な人であっても、水虫の患者が使用したスリッパやバスマットなどを介して移る可能性があるので、年代や性別を問わず誰しも患者になる可能性があります。
症状としてはかゆみや皮膚がじゅくじゅくとただれてくるなどがありますが、このような症状に気が付いたら自己判断はせずまずは通院することが大切です。

水虫には市販薬も販売されていますが、皮膚科を受診し、正しい診断をしてもらうことが先決です。診断結果が水虫でなければこれに越したことはありません。

水虫にならないようにするためには、裸足でスリッパを共用しない、バスマットを使用しないなどの対策がありますが、公共浴場などで運悪くもらってしまうこともあるでしょう。

通院をしたあとは、悪化させないことが大事ですが、職業柄外回りが多い人などは靴を履いて過ごす時間が長いため、患部が蒸れやすくどうしても症状が悪化してしまうこともあります。

外回りの職業では、靴を履かないことは不可能ですから、靴の衛生環境に配慮することが大切です。
毎日同じ靴を履いているという場合は、できれば2足以上を用意して日替わりで履き替えることや、一日履いた靴には丸めた新聞などを詰めて水分を吸収するなどの対策も効果的です。

また外回りで酷使された足は入浴時にしっかり洗い、清潔にした上で処方薬を使用することで悪化を防ぎ、症状を軽減し完治させることに繋がります。症状がなくなったあとも、このような生活を続けることが再発の予防となります。

ページトップへ